誕生石から商品を選ぶ


【誕生石一覧】

■1月の誕生石 ・ガーネット

【ガーネットの説明】
愛、魔除け
硬度 6.5〜8 日本名「柘榴石」
 1月の誕生石とされているガーネット、種類、成分等様々なガーネットがあります。 ガーネットの名称は柘榴の種からラテン語で種子の意味の「granatus」にちなんで名付けられました。和名も「柘榴石」と名付けられました。
 古くからギリシャ、ローマ等で宝石等として利用されてきた石です。

■2月の誕生石 ・アメジスト

【アメジストの説明】
直感力、恋愛
硬度 7 日本名「紫水晶」
 2月の誕生石とされているアメジスト、和名を紫水晶といいます。 含有する鉄イオンによって紫色になっているそうです。
 日光に当たると退色しやすい天然石です。
 古くからお守り、装飾などとして利用されてきました。

■3月の誕生石 ・アクアマリン ・コーラル(珊瑚) ・ブラッドストーン

【アクアマリンの説明】
航海のお守り、富、幸福
硬度 7.5〜8 日本名「藍玉」
 3月の誕生石とされているアクアマリン、アクアマリンの青色は中に混入された鉄元素の作用によって青色になっているものです。
 アクアマリンはベリル類と呼ばれる種類に属しエメラルドと同じベリル類に属する天然石です。 古くから古代ローマの漁師等が航海の守護「豊漁の石」として、また装飾品等としても使用されてきたということです。

【ブラッドストーンの説明】
浄化、生命力、克服、お守り
硬度 7 日本名「血石」
 3月の誕生石とされているブラッドストーンはジャスパーの一種で、濃い緑色に赤い色の斑点が入ったものです。

■4月の誕生石 ・クォーツ(水晶、ロッククリスタル) ・ダイヤモンド

【クォーツ/水晶/ロッククリスタルの説明】
浄化、願望達成
硬度 7
 4月の誕生石の水晶は古くから装飾、儀式等で利用され、オールマイティーで非常に強力な浄化力を持つと石といわれています。

■5月の誕生石 ・エメラルド ・翡翠(ジェイド)

【エメラルドの説明】
幸福、幸運、生命力
硬度 7.5〜8 日本名「翠玉」
 5月の誕生石のエメラルドは「翠玉」とも呼ばれ、ベリル類の中で最も美しい高貴な緑色をしたものです。エメラルドは非常に古くから宝石などにも用いられ、様々な書物、伝説などにもしるされています。とても高貴に扱われてきた鉱物です。
 パワーストーンとしては心を鎮め思考力を高め、心身を活性化させるといわれています。

■6月の誕生石 ・パール(真珠) ・ムーンストーン

【ムーンストーンの説明】
神秘の石、精神の安定、女性性を高める
硬度 6〜6.5 日本名「月長石」
 6月の誕生石であるムーンストーンは長石(フェルドスパー)に属する石です。ムーンストーンは光りの当たる角度によって閃光を放つ有名な「シラー効果」があり、また見る角度によっては青白く輝きます。

■7月の誕生石 ・ルビー

【ルビーの説明】
深い愛、情熱、成功
硬度 9 日本名「紅玉」
 7月の誕生石であるルビーは、酸化アルミニウム鉱物の一つのコランダムという種類に属する石で、赤色をしたものをルビーと呼びます。ルビーの名前は「rubeus」(赤の意味)に由来します。

■8月の誕生石 ・サード二クス ・ペリドット

【ペリドットの説明】
魔除け、生命力
硬度 6.5〜7 日本名「橄欖石」
 8月の誕生石であるペリドットは宝石名で、鉱物的には「オリビン」といいます。 含有されたニッケル、鉄等の作用で黄緑、緑などのカラーになります。
古来からエジプト等では魔除けとして利用されてきました。

■9月の誕生石 ・サファイア

【サファイアの説明】
成功、調和、信頼、直感力
硬度 9 日本名「青玉」
 9月の誕生石のサファイアは、酸化アルミニウム鉱物の一つのコランダムという種類に属する石で、基本的には赤色をしたものをルビー、それ以外をサファイア(宝石名として)と呼ぶそうです。一般的には青色をしたものが認識されています。
 サファイアは目標を達成する意思を強くし、惰性に流されないように強くサポートしてくれる天然石です。
 集中力や直感力、カリスマ性、勝利運、金運などを高め、仕事等にポジティブになることにも有効な石です。

■10月の誕生石 ・オパール ・トルマリン

【オパールの説明】
直感力、創造、守護
硬度 5.5〜6.5 日本名「蛋白石」
 10月の誕生石のオパールの名前は「opalus」(宝石という意味)に由来します。
 オパールは「マウンテンオパール」と「サンドストーンオパール」にわけられます。
 「マウンテンオパール」は高温で急激に生成されたため、透明度が高く遊色効果もはっきりしてます。対して「サンドストーンオパール」は低温、緩慢に生成されたので、透明度が低く遊色効果も少なくなっています。
 直感力、霊感を高めるといわれ、古来からお守りとしても利用されてきました。

■11月の誕生石 ・シトリン ・トパーズ

【シトリンの説明】
商売繁盛、直感、太陽
硬度 7 日本名「黄水晶」
 11月の誕生石のシトリンはパワーストーン的には、商売運や財運の天然石で、サンストーンと同じく『太陽のエネルギー』をもつ石と言われています。
 人をポジティブにして、前向きな明るいエネルギーを与えてくれるといわれています。
【ターコイズの説明】
旅のお守り、守護
硬度 5〜6 日本名「トルコ石」
 12月の誕生石のターコイズはパワーストーンとしては旅行等のお守りの石といわれています。

【タンザナイトの説明】
判断力、成功、神の啓示、英知
硬度 6〜7
 12月の誕生石であるタンザナイトは1967年にタンザニアから発見された透明な青紫色の石。タンザナイトは商品名で、本来の名前はブルーゾイサイトといいますが、商品名であるタンザナイトが一般的に使われる様になりました。

【ラピスラズリの説明】
強力な幸運、強力に邪気をはじきとばす、判断力
硬度 5〜5.5 日本名「瑠璃」
 12月の誕生石のラピスラズリは、最古のパワーストーンと言われています。また、古くから「聖なる石」とされお守りとしても使用されてきました。
 パワーストーン的には、非常に強力な邪気祓いの効果が有名です。

その他の天然石の説明

【アパタイトの説明】
信頼、自信、自己表現
硬度5 日本名「燐灰石」
 アパタイトは本来は無色、白色の鉱物ですが、含有物質によって様々な色になった天然石です。このブレスレットのアパタイトはグリーン〜菫色のカラーです。
 パワーストーン的にはアパタイトは周りに影響されることなく、自己に自信を持ち表現できるようになるといわれています。

【スピネルの説明】
発展、向上、明晰
硬度 8 日本名「尖晶石」
 スピネルは本来無色ですが、含有物の作用によって黒、赤、青、緑等様々な色のものがあります。スピネルの名前はラテン語「spina」(とげの意味)に由来します。

【ベリルの説明】
富、洞察力 
硬度 7.5〜8 日本名「緑柱石」
 ベリルとはベリリウム鉱物というものです。ベリルは混入される微量の元素によって様々な名称になります。鉄分による発色で水色に変化し「アクアマリン」となります。またクロムによる発色で緑色になり「エメラルド」と呼ばれます。マンガンによる発色でピンク色になり「モルガナイト」と呼ばれます。